滞納の恐れはかなり高い!バンクイックで生活費を補てんするのは危険

やってはいけないキャッシングというのをご存知でしょうか。
闇金融を利用しないというのは当然のことではありますが、バンクイックでもやってはいけないキャッシングがあります。
それは「生活費を補てんする」ということ。
滞納の危険性がかなり高まりますので生活費が足りないというときには別の方法を考えましょう。

それでは生活費を補てんすることがどうして危険だというのかご説明していきます。
突発的な出費とは違い、生活費は毎月あるものです。
収入は毎月変わらないとして、そこに生活費が不足するからと言ってバンクイックで借り入れをしたのでは、来月はその苦しい生活費からさらに返済額を出していかなくてはなりません。
恐らくは返済額をねん出することができずにキャッシングをして返済額を賄うという悪循環に変わっていくでしょう。

消費者金融と違ってバンクイックは金利が低くなっていますし、専業主婦でも借入をすることができます。
しかしそれを生活費にすることはやめておきましょう。
カードローンやキャッシングの使い方は、突発的な出費に対応するものです。
継続する出費を補うことは、これから先も同じように頼ることになりかねません。

生活自体が困窮しているのであれば低所得者としての融資を市役所から受けることができる可能性があります。
役所からの融資は連帯保証人を付けると金利はゼロです。
連帯保証人をつけないという選択肢もありますが若干の金利は加算されることになります。

総量規制はみんなのことを考えたカードの規制です

セレカ 静岡銀行などのカードを作る際に、一番気になるのは審査がまず通るかどうかが心配ですよね。その時におそらく殆んどが希望額を金融会社から聞かれて、消費者側がその希望額を伝えるという行動から始まると思います。この時に伝えた希望額が必ずしもそのまま通って限度額に反映されるとは限りません。あくまでも「希望」する額なのですから。

なので、この希望額の通りに限度額を設定してばかりしていては、個人の返済出来る範囲を超えた借り入れが出来てしまうことになります。そうなると管理出来ずに、もっともっとと言う人も出てきて気が付いたら複数社から借りていて、大口の多重債務者となってしまいます。こうなったら返済はかなり困難になるでしょう。

そういう人がなるべく出ない為に総量規制というものがあります。これは簡単に言うと何社から借り入れても総額で年収の3分の1以上は借り入れ出来ないという計算方法で適応されます。でも中にはもっと借りたいのに!と言って評判や掲示板等で恨みみたいなことを書き込んでいる人も大勢居ますが、それはある意味間違いです。

そもそもこの規制は返済困難な多重債務者を減らす目的を含んでいるので、規制と言っても逆に考えると、みんなの為を思ってるからこその規制なのです。確かに借りる時は簡単です。でも高額なお金を借りるだけ借りて返済出来ずに困るのは他の誰でもない自分です。その事を考慮しての規制ですから、自分の為の親切な決まり事として認識しておくべきでしょう。